日本雷保護システム工業会

内部雷保護システム及び機器の雷サージ保護システム

建築物への落雷及び近傍への落雷により建物に引込まれている電力線、通信線並びに地中に埋設されている接地極を通じて雷電流(雷サージ)が建物内部の電気、電子設備機器に侵入して、その機能を破壊し大きな被害を受ける危険があります。これらの機器類の雷被害対策の設置概念図を事務所ビル(RC造)を対象に下図に例示します。

事務所ビル

[概要説明]
事務所ビルには、直撃雷から建物等を保護する“雷保護システム”を設置するとともに、建物内部に設置されている重要な事務処理用コンピューターシステムまた通信装置等を、落雷時に誘起する電位差及び建物内部に侵入する雷サージから保護するために“機器の雷サージ保護システム”を設置し、総合的な“雷被害対策”を構築する必要があります。その一例を下図に例示します。

イラスト