創造とタイムリーな行動--一般社団法人日本雷保護システム工業会
JLPA
 
JLPAとは JLPAの事業内容 工業会会員 雷保護対策 雷対策相談 入会申込み 用語解説
事業活動 事業対象  
調査研究領域と事業範囲
(1)事業対象とする雷保護関連規格
   工業会は、雷保護関係の法規、基準、JIS及び右表に記載する
   雷保護国際規格を事業の対象とする。
   備考:下記の規格は対象外とする。
   @ IEC TC37(高電圧避雷器)
   A IEC TC74(情報機器) 
   B IEC TC108(情報機器の安全性)
  委員会記号 規格内容等
1   IEC TC81  建築物等の雷保護
2   IEC TC64  建築電気設備(過電圧保護)
3   IEC TC77  EMC:電磁場両立性
4   IEC TC109  低圧機器の絶縁協調
5   IEC SC37A  低圧SPD(雷サージ保護装置)
6   IEC SC37B  低圧SPDの部品

(2)事業対象とする雷サージ
   @ 直撃雷 A 逆流雷 B 誘導雷 C 開閉サージを事業対象とする。
   備考:ノイズ及び静電気サージは、既に他機関にて機能しているので対象外とする。
 
(3)雷保護対象
   @ 人畜の保護 A 建築物及び工作物等(通信基地局・風力発電所等は含む)
   B 建築物内部の設備及び機器等 C 交通施設・通信施設・野外施設等
 
(4)技術の研究、開発及び調査の対象
   @ 雷保護対策 A 接地技術 B 雷保護システムの施工 C 雷保護関連製品 D 雷予知技術 E 雷観測及び計測技術 
   F リスク管理 G 製品の品質認定 H 雷被害損害保険
| お問い合せ | プライバシーポリシー |サイトマップ |
Copyright (C) 2007. Japan Lightning Protection System Industrial Association All rights Reserved.